春節前にQRコード決済を導入~拡大するインバウンド需要の強化~ Print

LEGOLAND Japan株式会社は、当社が運営する『レゴランド®・ジャパン・リゾート』(『レゴランド®・ジャパン』、『レゴランド®・ジャパン・ホテル』、『シーライフ名古屋』)にて、2019年2月1日(金)より、「LINE Pay」および「ALIPAY(支付宝)」、「WeChatPay(微信支付)」の3社によるQRコード決済の取り扱いを順次開始いたします。

現在、『レゴランド®・ジャパン・リゾート』では、現金決済のほか各種クレジットカード決済、交通系 電子マネー決済を取り扱っており、QRコード決済を春休み期間中の完了に向けて順次導入いたします。中国の全モバイル決済市場の約90%以上のシェアを占める2大サービス「ALIPAY(支付宝)」および「WeChatPay(微信支付)」の導入など、訪日中国人のお客さまをはじめご来園いただいたお客さまに、より快適なサービスを提供いたします。今後は、親会社マーリン・エンターテイメンツ(所在地:イギリスドーセット州/CEO ニック・バーニー)が推進するキャッシュレス化を当社でも展開し、お客さまの需要やニーズに合わせたQRコード決済を取り扱う予定です。

『レゴランド®・ジャパン・リゾート』では、中国最大手のEC運営サイト企業アリババグループが運営 する旅行専用プラットフォーム「フリギー」での公式旗艦店オープンや、リゾート内各所に設置する多言語サービス、訪日観光客限定のファミリーパスポートの販売など、高まるインバウンド需要に向けてさまざまなサービスを展開しております。

お子さまとそのご家族に笑顔を提供するキッズリゾートとして、今後もより多くのお客さまに愛される『レゴランド®・ジャパン・リゾート』を目指して、お客さまが快適に過ごすことができるサービスを展開 してまいります。