日本唯一のレゴ®認定ビルダー 三井淳平氏が制作したレゴ®モデルをお披露目『レゴランド®・ジャパン』開業2周年新元号「令和」のレゴ®モデルも発表! Print

家族で一日楽しめるキッズテーマパーク『レゴランド®・ジャパン』は、2019年4月1日(月)に開業2周年を迎えました。開業2周年を記念し、世界で13人、日本唯一のレゴ®認定ビルダーである三井淳平氏を迎え、オリジナルレゴ®モデル「カラフルライオン」の完成お披露目や、三井氏が監修した特別ワークショップを開催。また、新元号の発表に合わせ、レゴ®ブロックで「令和」を制作、発表しました。

制作時間約200時間、レゴ®ブロック約7万個を使用した高さ約1メートルのレゴ®モデル「カラフルライオン」は、レゴランド®にいる動物のキャラクターをモチーフにした絵本「パンゴとイロイロのしま」に登場するカラフルライオンを再現した作品です。ライオンの胴体には、三井氏が『レゴランド®・ジャパン』のイメージをモチーフにした動物たちが隠されているなど、三井氏の想像性豊かなアイデアや技術が凝縮されています。

また、三井氏が監修した特別ワークショップに、年間パスポートをお持ちのお子さまやそのご家族約70名が参加し、本日発表したオリジナルレゴ®モデル「カラフルライオン」を三井氏と一緒に制作しました。

さらに新元号の発表に合わせ、レゴランド®・ジャパンのビルダーが、レゴ®ブロックで「令和」の文字を制作し、代表取締役 トーベン・イェンセンが発表しました。本作品は、パーク内で公開予定です。

『レゴランド®・ジャパン』が開業2周年を迎え、当社代表取締役 トーベン・イェンセンは以下の通りコメントしております。「『レゴランド®・ジャパン』は皆さんからたくさんの応援をいただき、本日2周年を迎えることができました。これからも、お客さまがレゴランド®に行きたくなる、魅力あるイベントやコンテンツを提供してまいりますので、これからも応援をお願いいたします。」